株式会社 渡商会 エアウェイ・グループ
商品・サービス
測定機器
リスクアセスメント
船舶用ガス検知器
ニオイセンサ
トップ商品・サービス測定機器リスクアセスメント
労働安全衛生法改正(平成28年6月1日施行)により
リスクアセスメントが義務付けられました。


【リスクアセスメントとは】
化学物質やその製剤の持つ危険性や有毒性を特定し、それによる労働者への危険
または健康障害を生じるおそれの程度を見積もり、リスクの低減対策を検討することをいいます。

【対象となる事業場は】
業種・事業場規模にかかわらず、対象となる化学物質の構造・取扱いを行う
すべての事業場が対象となります。
製造業、建設業だけでなく、清掃業、卸売・小売業、飲食店、医療・福祉業など、
さまざまな業種で化学物質を含む製品が使われており、労働災害のリスクがあります。

【リスクアセスメントの実施義務の対象物質】
対象は安全データシート(SDS)の交付義務の対象である663 物質です。
663 物質は厚生労働省のサイトで公開されています。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/GHS_MSD_FND.aspx

個人ばく露測定成分簡易分析作業環境測定
目的に応じた機器の使い分けで、精度の高いリスク見積もりが容易に実践できます。


測定器・分析装置カタログ
詳しい用途は画像をクリックしてください。     
XP-3120-V    XV-389
XG-100
English site