株式会社 渡商会 エアウェイ・グループ
     
商品・サービス
安定同位元素
使用される主な分析装置
ニュース・キャンペーン情報
分析・測定・検査
研究用ガス
 NEW小型ガス発生装置
同位体ガス
メタルアイソトープ
CIL 製品検索
ISOWATER 重水
FBReagents製品
ROTEM 水製品
シランテス製品
Omicrons製品
中性子研究用SI
BNCT研究用SI
リチウムイオン電池研究用SI
燃料電池研究用SI
メタボローム解析用SI
バイオマス研究用SI
環境測定用SI
お問合せ
安定同位元素 トップ商品・サービス>安定同位元素
   
*重水キャンペーン実施中です (2018年10月31日まで)


*重水キャンペーン実施中です (2018年10月31日まで)

 卓上型 小型ガス発生装置の取扱いを始めました

ごあいさつ


当社の安定同位元素事業は、2003年5月より、事業開始して以来、数多くの
お客様にお世話になって参りました。
当社は、CIL社、Linde社、Rotem社など、様々な安定同位元素メーカーの製品を多数取り揃えて販売しております。 取扱製品は、13C(炭素)、15N(窒素)、2H(D)(水素)、18O(酸素)の標識核種から、金属の安定同位元素(メタルアイソトープ)、 ガスの安定同位元素(アイソトープガス)まで幅広いラインナップを誇ります。

最近では、お客様の研究用途が多岐に渡っております。理工学・医学・薬学・農学のみならず、環境・食品分野まで幅広い領域で、 基礎研究から応用研究に至るまで、安定同位元素は非常に最先端な研究の中でご使用頂いております。 幅広いお客様の研究用途に対応する製品をご提案して参ります。  

安定同位元素 使用上のご注意

●For Research Use Only
(当社ウェブサイトに掲載されております安定同位元素試薬は、人体投与でのご使用にはなれません。)

●安定同位元素製品を日本国外へ輸出する場合は、当社あてにご一報いただくと共に、外国為替及び外国貿易法等輸出関連法規の規定に従って必要な手続きをおとりいただくようお願い致します。


安定同位元素のお問合せ、御見積や資料請求などの
ご用命はこちらへどうぞ



同位元素(同位体)とは

同位元素(同位体)とは、原子核の中の陽子の数が同じ(原子番号が同じ)で、中性子の数だけが違う同じ元素の仲間の事を言います。化学的性質は同じですが、物理的性質は異なります。

同位元素(同位体)には、放射線同位元素(放射線同位体、Radio Isotopes :RI)と安定同位元素(安定同位体、Stable Isotopes : SI)の2種類があります。放射線同位元素(放射線同位体)は、放射線(α線、β線、γ線など)を放射する性質を持った元素です。
安定同位元素(安定同位体)は、その放射線を出さない安定な元素です。      

同位元素(同位体)の例として、水素では、軽水素、重水素、三重水素の3つの同位元素(同位体)がございます。そのうち、安定同位元素(安定同位体)の
ものは、軽水素と重水素になります。

水素 : 原子番号 1(陽子の数は1)
同位元素として中性子の数=0  軽水素(Protium)   安定同位元素
中性子の数=1  重水素(Deuterium)安定同位元素
中性子の数=2  三重水素(Tritium) 放射性同位元素


当社では、『安定同位元素(安定同位体)』の製品を取扱っております。
 

安定同位元素の使用分野とは

安定同位元素の試薬は、さまざまな研究分野で使われております。

量子ビーム
● 同位体のガスやメタルアイソトープは、量子ビーム研究の世界で、
    新しい物質の創製のために使われています。
● 中性子を吸収するために、ホウ素の同位体が使われています。
● リチウムイオン電池の研究開発として、リチウムの同位体が
    使われています。
● メタルアイソトープは、新素材の基礎研究に使われています。
● ヘリウム-3は、希釈冷凍機や、検出器に使われています。

構造解析
● NMR(核磁気共鳴装置)による構造解析に使われております。
    タンパク質をはじめ、有機化学の研究で広く用いられております。
● 重水素化合物(d化化合物)は、中性子解析に使われています。
● メスバウワー分光に、57Fe(鉄)などが使われています。

トレーサー
● 生態系や植物のトレーサー実験に、13CO2ガス(二酸化炭素)が
    使われています。
● 有機合成用ガスとして、13COガス(一酸化炭素ガス)、
    D2ガス(重水素ガス) 、15N2ガス(窒素ガス)、18O2ガス(酸素ガス)が
    使われております。
● 最近メタボリックシンドロームの影響で、肥満と代謝に対する研究が
    盛んに行なわれておりますが、その様な代謝(メタボローム)研究の中では
    13C標識のグルコースや脂肪酸などを、体内動態のトレーサーとして
    使われています。

プロテオミクス
● SILAC(細胞培養におけるアミノ酸を用いた安定同位体標識法)で、
    標識アミノ酸が使われております。

半導体デバイス
● 次世代の半導体デバイス材料として大変期待されている
    『人工ダイヤモンド』の原料として、13Cメタンガス(13CH4)が
    使われております。

環境
● カドミウムなどのメタルアイソトープを用いて、水中、土壌中に含まれる
    微量重金属の解析に使われています。
● 一酸化炭素(13CO)や一酸化窒素(15NO)のアイソトープガスを用いて
    排気ガスの分析に使われています。

PET
● 酸素18標識水は、ガン検診で広く知られている
    PET(陽電子放射断層撮影)の診断薬の原料として使われています。

生化学研究所安定同位元素標識化合物とは

生化学研究用安定同位元素標識化合物とは、自然界に大量に存在する
水素、炭素と窒素(1H,12C,14N)等の元素を、2H〔D;重水素〕,13C〔炭素13〕,
15
N〔窒素15〕等の安定同位元素で置換したアミノ酸(Amino Acid)、炭水化物(carbohydrates)、脂質と核酸などの化合物のことを言います。

生化学研究用安定同位元素標識化合物は、主に次の目的で使用されております。

第一に、タンパク質、炭水化物、核酸等を安定同位元素で標識(ラベル)する
ことにより、原子レベルでの構造解析をより容易に行なうことが可能と
なります。そのような構造解析により、例えば2つのタンパク質の相互作用や、新薬との相互作用を理解するのに用いることが出来ます。

ある例では、1つの異常なタンパク質がガンを誘発しますが、新薬でこの異常なタンパク質をブロックし特定のガンの増殖を抑制することが考えられます。
生化学研究用安定同位元素標識化合物はタンパク質、炭水化物、核酸の
構造決定を容易にし、新薬開発をサポートするとともに、最近のヒトゲノム配列プロジェクトの成果により、創薬ターゲットの解明に欠かせないものとなっております。

第二に、生化学研究用安定同位元素標識化合物は一般的な代謝研究用試薬として用いられ、特に特定の病理学的代謝研究(メタボローム;metabolome)に用いられております。

生化学研究用安定同位元素標識化合物が「通常の」分子と化学的に同様に
作用するので、「通常の」化合物と同様の代謝をします。その安定同位元素標識化合物を用いることにより、その代謝がどのように行なわれたかを解明することが可能となります。

例えば、標識された脂肪酸(fatty acid)を使用して、糖尿病、脂肪酸吸収不良、乳糖不対症または肝臓ガン等の呼気診断に試みられています。

 
 
▲ページの先頭へ>
 
English site