株式会社 渡商会 エアウェイ・グループ
商品・サービス
医療ガス
・酸素
・窒素
・二酸化炭素
・亜酸化窒素
・キセノン
・殺菌ガス
医療ガス供給設備
・CE
・LGCマニホールド
・ガスマニホールド
・医療用空気供給設備
・吸引供給設備
・配管
・配管端末器(アウトレット)
・警報、遠隔監視装置
・ボンベスタンド、運搬車
・酸素流量計
・吸引器
医療機器
・在宅酸素
・AED
無菌装置
・超大型タイプ
・大型タイプ
・中型タイプ
・天吊タイプ
ホルマリン対策
・ホルマリン対策
スーパー次亜水
・スーパー次亜水
・スーパー次亜水とは
・衛生管理システム
・ポータブル噴霧器
医療ガス関連 トップ商品・サービス医療ガス関連>ホルマリン対策

  ホルマリン対策
 
   
  H19年12月、特定化学物質障害予防規則等の改正により、
  作業環境測定対象物質にホルムアルデヒド(ホルマリン)が
  追加されました。
  ホルムアルデヒド(ホルマリン)を使用している医療現場などでは、
  6ヶ月に1回の作業環境測定を行ない、 ホルムアルデヒド
  (ホルマリン)管理濃度を0.1ppm以下に保つために、換気装置を
  設置するなどホルマリン対策を講じる必要性があります。
  当社では、病院様向けホルムアルデヒド(ホルマリン)対策システム
  を始め、ホルムアルデヒド(ホルマリン)をお使いになるお客様の
  施設にあった ホルムアルデヒド(ホルマリン)対策の改善策を
  ご提案してまいります。
 
  ホルマリン対策が対象になるユーザー
   
  ●大学の解剖実習室
  ●病院の病理検査室(切り出し室、検体処置室等)
  ●病院の解剖室
  ●病院のオペ室
  ●その他、大学、研究施設、病院等でホルマリンを
   お使いになるお客様など
   
  ホルマリン対策システムの特徴
    ≪推奨メーカー:株式会社カルモアのハイブリッドシステム≫
 
@ホルムアルデヒド(ホルマリン)管理濃度 0.1ppm以下を
   実現致します!※

     ホルムアルデヒド(ホルマリン)拡散防止局所吸引システムによる
     【局所排気】と、【酸素クラスターイオンによる分解】により、
     ホルムアルデヒド(ホルマリン)の室内濃度を室内管理濃度である
     0.1ppm以下に致します。

A室内循環排気も可能です!
     局所排気にホルムアルデヒド除去用【アルデライド脱臭装置】を
     取り付けることにより、局所排気にて吸引した空気を
     室内へ戻すことが可能になります。

B状況に合わせてシステム設計を致します!
     お客様の状況や施設にあった改善策をご提案致します。

C1台あたりの吸引風量が非常に少ない。
     既設空調設備が利用でき、空調設備更新の必要がない場合が多く、
     空調コストの低減が出来る。

D労基署への申請書類の作成をお手伝い致します。
     ホルムアルデヒド(ホルマリン)対策工事の際に労基署に
     申請書類を提出する必要があります。
     弊社ではお客様と一緒に申請書類を作成致します。

  カルモアハイブリッドシステムの最大なる特徴
   
  @ホルムアルデヒド(ホルマリン)濃度0.1ppm以下の“保証”が
   出来るシステム※       
  A大空間におけるホルムアルデヒド(ホルマリン)の乱流並びに分子運動拡散
   を考慮して、より効率的な局所排気(PULL)システムを採用
  B局所排気装置でも取りきれない及びその他の装置から室内に拡散した
   ホルムアルデヒド(ホルマリン)を酸素クラスターイオンで0.1ppm以下に分解
  Cキシレン等の有機溶剤臭除去にも有効
  D1台あたりの吸引風量が非常に少ないため、既設空調設備が利用でき、
   空調設備更新の必要が無い場合が多い。
   また、非常に空調コストの低減が出来る
  E上記システムは特許出願済み
 
※カルモアハイブリットシステム提案のためには、現場確認調査が
   必須条件です
※ホルムアルデヒド(ホルマリン)管理濃度 0.1ppm以下の実現には、
   業務運営方法等の改善が必要な場合があります。

【参考】2011年1月 厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課より
         本システムのヒアリングを受けました。

  ホルムアルデヒド(ホルマリン)対策機器
 
局所排気吸引装置

酸素クラスター除菌脱臭装置

アルデライド脱臭装置

  ホルムアルデヒド(ホルマリン)対策のしくみ
  病理検査室向けホルムアルデヒド(ホルマリン)対策システム
 
@【局所排気吸引装置付き切り出し台】にて、検体の処理中に発生する
     ホルムアルデヒド(ホルマリン)を吸引。
     切り出し台等はオーダーメイドで作成いたします。

A排気に【アルデライド脱臭装置】を設置すれば、吸引された
     ホルムアルデヒド(ホルマリン)が吸着されるため、
     吸引空気は室内へ戻すことも、室外排気も可能となります。

B作業中に拡散したホルムアルデヒド(ホルマリン)は、
     【酸素クラスター除菌脱臭装置】により生成された酸素クラスターイオン
     によって分解されます。

  カルモアハイブリットシステム設置事例
  都内某総合病院殿 病理検査室 ホルムアルデヒド0.1ppm以下対策
 

上記の検証結果から、本施設の状況において【局所排気装置】及び
酸素クラスター除菌脱臭装置】を設置することで、 発生した
ホルムアルデヒド(ホルマリン)濃度を0.1ppmまで低減することができました。

   

440m3/hr 局所排気付き切り出しテーブル小


λ(ラムダ)式プッシュプルユニット流し台




2,320m3/hr ホルムアルデヒド脱臭装置


酸素クラスター除菌・脱臭装置 エアブルー3600型本体


ハイブリッドコンビネーションシステム1 第1号

  室外排気型対策システムの例
 

 

  ホルマリン対策に関して、お問い合わせは…株式会社 渡商会へ

≪推奨メーカー: 株式会社 カルモア≫
   
 
【お問合せ先】

販売店:
   株式会社渡商会
 京浜事業部 医療グループ
 電話:045-441-1396   FAX:045-453-3186
   メールアドレス:
iryo@watari.co.jp

   
  TOP 
English site